顧問弁護士のメリット

弁護士と顧問契約を締結して企業法務の業務を担当してもらうことにより、問題が発生した際にすぐに対応することが可能になります。問題が発生したあとに弁護士・法律事務所探しを行ない、最初から説明をして依頼をするという手順を踏んでいては、時既に遅しという事態になることもあり得ない話しではありません。

また、問題が発生する前にもいつでも相談することが可能であり、弁護士は企業の状況を把握している状態ですので、問題を予防することも可能ですし、予防が不可能だった場合でも、最小限にとどめることができる可能性が高まります。そのほか、契約締結が得意な弁護士に依頼すれば、契約交渉を有利に進めることが可能になり、企業の大きな利益につながります。反対に不利な契約を締結することがなくなれば、損失を少なくすることも可能です。

また、顧問弁護士をつけることによって、顧問料の支払いが気になるという人もいることでしょう。この点に関してですが、新しく法務の従業員を雇用するより安上がりになることのほうが多いですし、何より顧問料はすべて経費として処理することが可能です。実質的な負担が軽いだけでなく、税金の負担まで軽くなる点が、顧問契約を締結するメリットとしてあげられるのです。