顧問契約の流れ

いきなり法律事務所に行って弁護士と顧問契約を交わすということはしないのが一般的です。まずはじっくりとインターネットで情報収集を行ない、契約を締結する候補となる弁護士・法律事務所をリストアップします。

そのうえでするべきことは、面談の申し込みです。初回の法律相談という形で、企業法務の顧問契約に関する話を弁護士と会って話をする形になります。予約必須のところや、初回の法律相談が有料のところもありますので、事前に確認しましょう。費用を節約したい人は面談が無料のところのほうがいいですし、契約後の行き来のしやすさも考えて、お互いに通いやすい場所にあるところのほうが望ましいです。

初回の面談で依頼を即決するのではなく、候補にしているところとはひと通り面談をしましょう。そのうえでどこがベストなのか検討し、良かったところに顧問契約を締結するという意思を伝えます。

このあとようやく顧問契約を締結することになりますが、契約時には顧問契約書が作成されます。そして顧問契約を締結したあとは顧問サービスがスタート、企業法務の仕事を弁護士が行なってくれることに対し、企業側は弁護士に対して顧問料の支払いをしていくという流れになります。