顧問弁護士のメリット

弁護士と顧問契約を締結して企業法務の業務を担当してもらうことにより、問題が発生した際にすぐに対応することが可能になります。問題が発生したあとに弁護士・法律事務所探しを行ない、最初から説明をして依頼をするという手順を踏んでいては、時既に遅しという事態になることもあり得ない話しではありません。

また、問題が発生する前にもいつでも相談することが可能であり、弁護士は企業の状況を把握している状態ですので、問題を予防することも可能ですし、予防が不可能だった場合でも、最小限にとどめることができる可能性が高まります。そのほか、契約締結が得意な弁護士に依頼すれば、契約交渉を有利に進めることが可能になり、企業の大きな利益につながります。反対に不利な契約を締結することがなくなれば、損失を少なくすることも可能です。

また、顧問弁護士をつけることによって、顧問料の支払いが気になるという人もいることでしょう。この点に関してですが、新しく法務の従業員を雇用するより安上がりになることのほうが多いですし、何より顧問料はすべて経費として処理することが可能です。実質的な負担が軽いだけでなく、税金の負担まで軽くなる点が、顧問契約を締結するメリットとしてあげられるのです。

顧問契約の流れ

いきなり法律事務所に行って弁護士と顧問契約を交わすということはしないのが一般的です。まずはじっくりとインターネットで情報収集を行ない、契約を締結する候補となる弁護士・法律事務所をリストアップします。

そのうえでするべきことは、面談の申し込みです。初回の法律相談という形で、企業法務の顧問契約に関する話を弁護士と会って話をする形になります。予約必須のところや、初回の法律相談が有料のところもありますので、事前に確認しましょう。費用を節約したい人は面談が無料のところのほうがいいですし、契約後の行き来のしやすさも考えて、お互いに通いやすい場所にあるところのほうが望ましいです。

初回の面談で依頼を即決するのではなく、候補にしているところとはひと通り面談をしましょう。そのうえでどこがベストなのか検討し、良かったところに顧問契約を締結するという意思を伝えます。

このあとようやく顧問契約を締結することになりますが、契約時には顧問契約書が作成されます。そして顧問契約を締結したあとは顧問サービスがスタート、企業法務の仕事を弁護士が行なってくれることに対し、企業側は弁護士に対して顧問料の支払いをしていくという流れになります。

企業法務に強い弁護士選び

企業法務の仕事を法律のプロフェッショナルである弁護士にお願いしたいという場合に、何を基準に法律事務所や弁護士を決定すればいいのかがイマイチわからないという人もいるのではないでしょうか。多くの弁護士、法律事務所が存在するため、どこに依頼しても同じというわけではない点にまず注意しなければいけません。

たとえば、同じことをお願いするとしても、事務所によってかかる費用には違いがあります。予算に合っており良心的な弁護士費用に設定されていること、不明な点がないことが依頼先を選ぶうえで失敗しないためのポイントのひとつといえるでしょう。

費用のこと以外では、どの弁護士も一律に企業法務に必要な法律知識があるとは限りませんし、文書の作成能力やコミュニケーション能力、語学力に関してもそうです。また、企業法務とひとくちにいっても業務は多岐にわたります。企業法務を取り扱った経験が豊富にあることは必須条件となりますが、具体的に何を行なったのかがはっきりとしていて、依頼したいことを確実に遂行してくれるような事務所にお願いしたいところです。

ほかには企業法務に限った話ではありませんが、説明がわかりやすいことや親身になって相談になってくれること、ときには厳しいこともはっきりと伝えてくれるような人であれば、非常に頼りになるといえるでしょう。

以上が弁護士や法律事務所選びのポイントです。このサイトではほかにも依頼する際の流れや顧問契約を交わすことにどういう魅力があるのかを紹介しますので、お役立ていただければ幸いです。